【中央アジアの伝統刺繍布 スザニ(スザンニ)】D

BE-S01

12,500円(税込13,750円)

定価 12,500円(税込13,750円)

在庫状況 SOLD OUT

     
中央アジアの伝統の刺繍布「スザニ(スザンニ)」が届きました。
スザニにはもっとカラフルなものもありますが、今回 日本のインテリアにも馴染みやすいシックな色目を選びました。

チェーンステッチやコーチングステッチ、ブハラコーチングなど技法を合わせて、びっしりと刺繍いるため、その重みもずっしり。

スザニは娘が嫁ぐ際、その婚資の一部として 親族の女性たちが丁寧に刺していきます。

布の一部をあえて未完成のままにしておき、その空いた部分を嫁にいった娘が一針、またその娘が一針と繋げていくそう。
女性たちは日々の家事に追われながらも、空いた時間に木陰で談笑しながら、ゆっくりと針を進めていきます。
ひと針ひと針手で刺していく工程の中で、どんな物語があったのだろうと思わず その時代に思いを馳せたくなりますね。

≪こちらの布の特徴≫
少し濃いベージュにマスタード、エンジ、水色などを使い刺繍しています。
正方形に使い形のため丸テーブルのクロスにも最適です。回りを囲むような小さい花の刺繍もキュートです。
真ん中で二枚の布を繋げていますが、それほど境目は目立ちません。

◆スザニとは◆スザニ(スザンニ)は、ウズベキスタンを中心に、タジキスタンやカザフスタンなど、中央アジアの家庭で作られてきた大判の刺繍布。ウズベク語で「刺繍」を意味し、その語源はペルシア語で「針」を示す「スザン」に由来します。18世紀頃から、女性たちによって結婚の持参品として作り始められ、壁掛けや間仕切り、ベッドカバーなどに仕立てられました。ソビエト統治時代にはスザニを作ることが規制されたため、その技術は徐々に廃れていきましたが、1991年の独立以降、欧米の愛好家から注目を集め、ウズベキスタンを代表する伝統工芸として知られるようになりました。

スザニ女性

アンティークの生地を使用した商品のため生地の継ぎやシミ、ほつれ、布の弱りが見られる場合もございます。
すべて古布の良さを生かして作られた商品となりますので、ご了承の上お求めください。
生地の裁断位置により、柄の出方が一つ一つ異なります。

お手入れはドライクリーニングをお勧めいたします

[ サイズ ] 約104×105cm
[ 素 材 ] 布地 /シルク、コットン、刺繍糸 /シルク
[ 配 送 ] 宅配便
  • 30代
  • 女性
  • 2014/09/23 11:38:50
部屋がはなやかに。
スザンニの布を探していました。柄も可愛らしく、リビングソファーの背もたれ部のカバーとして使っています。ショップの写真より生地の色が少し濃いめのベージュになってます(部屋にはこちらの濃いめのほうが、結果合っていたのでよかったです)。部屋がはなやかになりました。
縫い合わせの部分は目立たないようになっています。
値段も布の大きさを考えると安いように思いました。
購入してよかったです!ありがとうございました。